相手に高い年収を求めすぎてはいけない

標準

婚活をして結婚相手を見つけたいと思う場合、相手に高い収入を求める事は避けた方が無難です。もちろん、独身男性の中にも高い収入を得ている人がいます。しかし婚活中の独身男性の平均収入は、実は4百万円前後なのです。

もしかしたら婚活中の独身男性全体の5%程度は高い収入を持っているかもしれませんが、それ以外はほとんど4百万円前後とされています。

言い換えれば、婚活をしている女性が相手に6百万円や1千万円の収入を求める時点で、その女性は結婚相手を見つけることができません。

それにもかかわらず婚活をする多くの女性は結婚相手に6百万円以上の収入を求める傾向があるのです。

今は不況の時代となり、共働きが一般的となりました。確かに女性は妊娠や出産によって職場を離れなければならない、その間は男性の収入が頼りである、という事実があります。

そうとは言え、今は専業主婦の数は少なくなり、共働きが苦痛となりました。言い換えれば、男性の収入が多少低かったとしても、女性にも収入があれば家計は問題がないと言うことになります。

婚活をする時点で、「将来は専業主婦になりたい」と思うことの方が無謀なのです。

決して収入ばかりではありません。婚活をして結婚をしたいと思う場合、相手に高望みをしてはいけません。

例えば自分より背が高い男性、自分より学歴が高い男性、自分より収入が高い男性、かっこいい男性など、女性にとって男性に求める条件はいろいろあるかと思いますが、本当に結婚したいと思うならばある程度で妥協しなければいけないと言うことも覚えておきましょう。

もちろん、自分には合わないと思う男性と結婚する必要はありません。

結婚は人生を左右しますから、やはり自分が「この人と結婚したい」と思えるような人と結婚することが1番です。

しかし同時に、自分の条件を一切譲らず、相手に好条件を求めているばかりでは、なかなか結婚への道は遠いと言えるでしょう。