婚活の大変さについて

標準

私は、昔から結婚に憧れていて30代から婚活中なんです。30歳で独身でいるとは自分でも思っておらず、当たり前のように結婚して子供がいるはずだったのですが、30歳の私は彼氏に振られて落ち込んでいるだけの日々だったんです( ;∀;)

立ち直るきっかけになればと友達が婚活パーティーに誘ってくれました。初めての婚活パーティーだったので、普段着(結構、派手なんです)で行きました。

行ってビックリ。女性は全員スカート、そして何より若い。私なんて場違いも甚だしい真っ赤なパンツにサテンのロングブーツという戦隊ヒーローみたいな恰好の人は隅っこで小さくなって過ごしました。

女性は、セミロングのサラサラヘアで低めのパンプス、清楚な感じのファッションが人気のようです。私から見たら全員同じ人に見えますが。そんな反省も踏まえて、雑誌を見てお勉強に励み、モテ服という物を買いました。

その後、合コンに誘われたので早速その合コン必勝コーディネートとやらで出かけました。私の普段着を知っている人はもう大爆笑です((´∀`))

でも、成果はハッキリと感じました。普段はおしゃべりな私も聞き役に徹して、お酒はガブガブ飲まないように、努めて大人しく振舞っていました。

すると、デートに誘われるまでにはなるもののお付き合いとなると本性が出ますから結婚にはたどり着けず試行錯誤を繰り返していました。

合コンや婚活パーティーに行くのは年々、年齢的にも厳しくなってくるので、友達に独身男性を紹介して欲しいとお願いしまくりました。30代半ばの私に紹介されるのは、だいたい同年代でしたが人見知りの激しい人や好みのタイプがハッキリしている人が多く私ははじかれてしまいます。

離婚歴のある人や、跡取り息子となると余計に大変なようで、会うより先に条件(親との同居、養育費など)を突き付けられることもありました。

年上好きな男性も増えてきたので、誘われるまま合コンに参加すると男性から明らかに気を使われているのを感じてしまいそれ以来、合コンは封印しました。

周りの独身だった友達もみんな結婚して家庭を持ち子供も産まれて幸せに暮らしています。おかげで、遊ぶ仲間がいなくなってしまいました。

周囲からは彼氏がいると思われているのが余計に厄介で、親戚からも腫れ物扱いをうける始末。世間の風評にめげずにこれからも婚活に励みます(*´▽`*)