片思いをして知ったこと

標準

私の経験ですが、片思いで悩んでいたことがありました。
それが、今回の話です。

相手は同級生で、中学校からのお付き合いで久しぶりの再会は成人式の日でした。
その日、一緒に写真を撮りデータを送るということでアドレス交換をしたところから始まりました。
その日から時々遊んだり話をしたりして、空いていた時間を埋めるように過ごしていていつの間にか好きになっていました。

好きになったけれど、相手にパートナーがいたらどうしよう、その気もなかったらどうしよう。と考えてしまって先には進めずいつももやもやしながら一緒に過ごしていました。
もやもやする気持ちとは裏腹に、会いたい、ずっと一緒にいられたらと思うようになっていきました。

あるときに、電話で話をすることがあって、たまたま気持ちのことを話をすることがあって、その時に自分の気持ちを伝えました。
返事を待っている間はとても長くもどかしい気持ちでいっぱいでした><
同じ気持ちであるということを知って、とてもうれしかったけれど、その後は私も相手もわからなくてどういうふうにしていくか、保留にすることにしました。
それからは同じ気持ちでいることでいつかは恋人になれるという気持ちと、いつか答えを出さなければいけないという気持ちで葛藤の日々でした。

その後しばらくして、夏場に久しぶりに話ができればとはがきを書いて送りました。
お返事は良いものが来ると信じていたので、来た時の感覚は今でも覚えています。

あるときに友達と遊んだ帰りにメールが届いていて、「実は彼女がいて親から勘違いされたら困るからはがきとかは送らないでくれたらありがたいな」という内容で、喪失感と今までの気持ちがどこかへ行ってしまって、何も考えられなくなってしまいました(’。。)
それから、私の母と彼が彼女といるときに会ってしまったりして、ずっと関係がぎくしゃくしていました。
それから、ずっと話もできず、きもちのせいりもできずにやきもきして、どうしたらいいかわからなくなりました。

それ以来連絡を取ることもなく、ずっとしまいっぱなしにしていますが片思いが苦しくてつらいということを知りました。

 

婚活は共通の話題がある相手が見つかると嬉しい

標準

結婚は自分の人生において重要なことだから、慎重に考えて行動しなくてはならないと思います。

まず相手の方と出会う場所ですが、職場結婚が同じ会社の人同士ということもあり普段から見ているのでお勧めです。その他これは私の友人なのですが、このような婚活情報を網羅したサイトを参考にして同じ趣味や共通点があった方と結婚相談所やネットでしりあってゴールインした人達もいます。

結婚するにあたり大事だと思うことは、価値観が同じということです。価値観が違うとちょっとのことで言い合いになったりすると考えます。あと食べ物の好みが似ているのは重要です。私の親が正反対だったのですが、そのため毎回は母父のために1品多くつくるハメになってました。それをみて「大変だな」といつも思ってました。

必ずではありませんが、趣味があうといいですね。同じものがすきということで会話が増えると思います。それに自分の知らないことが相手はしっているということがありえます。その逆もあります。そのためお互いに刺激があり、いつまでも仲がいい夫婦でいられると感じます。

逆に気をつけなければいけないことです。これは、本人ではなく相手の親や身内に関することです。借金があるかないかを結婚する前にきいておいたほうがいいです。私は結婚してから今の主人の親に借金があることを知ったのです。どれくらいあるかは主人も知りませんでした。

そして彼の親がなくなったとき、かなりの借金がありいろんなところにしているということが分かったのです。お葬式のときに「かりた分かえしてくれ」といってきた人もいました。けっきょく自己破産という形をとったのですが、それでも親に借金があると必然的に子供のほうにしわよせがきます。けっこう自分たちも出さざる得なくなり、今でもきつい生活を送ってます。

これは個人的で反感もたれてしまうかもしれませんが、障がいがある兄弟がいるか・いないかも聞いたほうがいいと思います。私にはダウン症の妹がいるのですが、わたしのような障がいがあるきょうだいをもったきょうだいをきょうだい児といいます。特に女性に多いのですが、障がいがあるきょうだいがいるだけで、結婚を断られるケースがとても多いです。

あともし結婚しても、子供はうまないでと相手の親から言われることもたくさんあるそうです。それに親亡き後は自分たちが面倒見なくてはならないの?ということもいわれます。そういったことを知らないで結婚すると、あとあと大変なことになりかねません。そのためにも、結婚前にきちんとしておいたほうがいいと感じます。

婚活は良い経験!28歳の時にフラれ頑張りました

標準

28歳の時に、遠距離恋愛をして2年の彼から突然「好きな人ができた」と言われてフラれてしまいました。

もうすぐ彼と結婚できると思っていた私はとてもショックを受けました。友人達には「来年には彼のところへ行き結婚するんだ」と話をしていました。

家族や友人たちにフラれたことを話すと励ましてくれたのですが、なかなか立ち直ることができず半年ぐらい元彼をひきづっていました。

しかしある友人から「そろそろ動かないと結婚できないよ」と言われたんです。一緒に婚活パーティーに参加しようと言われました。

同い年の友人たちはバタバタと結婚して子供がいますし、独身なのはその友人だけです。「いつまでもウジウジして落ち込んでいたら、年を取ってますます結婚できなくなるよ」ときつく叱られ、一緒に婚活パーティーに参加をすることにしたんです(^-^)v

初めての婚活パーティーはなかなか男性と積極的に会話をすることができませんでしたが、何度か参加をするようになると積極的に会話をすることができるようになり、婚活を始めて半年後ある男性とカップルになることができたんです。

3歳年上で彼はバツイチでしたがとても素敵な人です。もし婚活パーティーに参加をしなければ絶対に出会いなんてありませんし、友人に誘われて頑張って婚活パーティーに参加をして本当に良かったと思いました(*^^*)

婚活パーティーをしている間はエステに通ったり、ダイエットをしたりなど自分磨きをしました。だからカップルになることができたと思います。

やっぱり婚活って外見が悪いと不利になってしまうと思うんです。特に私はもう30代ですしできるだけ若く見えるように頑張りました。

その彼とはその後うまくいきませんでしたが、また婚活パーティーですぐにカップルになることができました。

何度か婚活パーティーに参加をするとどうすればモテるのかわかるようになってきました。婚活は私の人生にとって良い経験になったと今は思っています(^0^)ノ

今もまだ婚活サイトや婚活パーティーや結婚相談所などを駆使して婚活を頑張っています。

そろそろ運命の人を見つけたいと思っています。