初めての馬刺し

標準

はじめてもつ鍋の専門店に行った時のことです。もともともつは好きな方だったので結構楽しみにしながらお店に向かいました。

到着すると結構な数の人が席が空くのを待っています。これは30分くらい待たされるかなと思いました。

待つのは好きではありませんが、これだけ待つ人が多いということはきっとおいしいのだろうという期待もあり、待つ時間はそれほど苦ではありませんでした。

20分ほど待ったところでようやく店内へ。テーブルもイスも床も全部木造のなかなかいい感じのお店です。あちこちからおいしそうなにおいと湯気が立ち上っていました。

席についてまずは飲み物を選びます。それから何を注文するかを話し合っていた時、馬刺しがあったのでこれを頼もうと友人の一人が言い出しました。僕は馬刺しを食べたことがなかったのでおいしいのか尋ねてみると、すごくおいしいから試してみなよと言われました。

結構味にうるさい友人の言葉なので楽しみにすることにしましたが、今回の目的はあくまでももつ鍋。そのときは前菜ぐらいのつもりでいました。

飲み物が配られ、話がはずんできたころに馬刺し登場。見た目的には割と普通というか、特別変わった印象は受けませんでした。刻んだ玉ねぎがわきに添えられています。

肉でその玉ねぎをくるんでたれにつけてまずは一口。おいしい(^^)。牛肉や豚肉と比べるとさっぱりした印象でしたが味自体はしっかりしていて物足りなさは全く感じません。

馬刺しっておいしいんだな、というと友人がそうだろそうだろとしきりにうなずいていました。どうやら友人はかなりの馬刺し好きだったようです。

みんな次々と箸が進みあっという間に馬刺しはなくなってしまいました。追加注文したい気もしましたが、この後もつ鍋が来るのでやめておきました。ちょっと残念でしたけどね。

そのあとにもつ鍋を食べましたが、こちらもすごくおいしい(^^)。いいお店を見つけたねとみんなで話しました。みんなはもつ鍋の方が気に入っていたみたいでしたが、僕と馬刺しをすすめてくれた友人は馬刺しの方が気に入りました。

次来たときはまた必ず馬刺しを頼もうと思いました。