独身男性のほうが圧倒的に多い

標準

「私を好きになる男性なんて、本当にいるのでしょうか?」

そんな疑問を投げかける人が多いのですが、その答えは何の迷いもなく「イエス」。日本全国には、あなたが思っている以上に多くの独身男性がいて、恋人を探しているので、そんなことを考える必要はありません。

ここでは、みなさんにより安心して出会いを探してもらうために、それを実証する3つのデータを紹介します。

ひとつ目のデータは、男女別の人口。

そもそも日本国内には、男性のほうが多いのです。なかでも恋愛が盛んな20・30・40代は、それぞれ10~20万人も多く、それはすなわち恋愛対象が多いということ。

一夫一妻制の日本では、女性が余ってしまうことはなく、男性を選べる有利な立場にいるのです。

ちなみに50代以降は、疾病や寿命などの関連もあって女性のほうが多くなるため、恋愛相手を年下男性の中から探す傾向があります。

2つ目のデータは、独身者の数。

男女お互いが恋愛対象になりやすい20~50代の独身者率を見てみましょう。たとえば、40~44歳の男性は27.9%が未婚であり、4.8%が妻と離婚・死別しているので、その数値を足した32.7%、つまり約3人に1人が独身ということになります。「そんなにいるんだ」と思いませんでしたか?

そこに、45~49歳の独身者27.6%を足して2で割ると。40代男性の独身者率が30.2%であることがわかります。

調査年度に1年の誤差はありますが、この割合を先述した40代男性の人口871万人で計算すると、日本全国には、約263万人もの40代独身男性がいるということになります。

さらに、この263万人を都道府県数の47で割ると約6万人。単純計算ですし、都市部と地方のちがいはあるでしょうが、各県には約6万人もの40代独身男性がいるという目安になります。身近な場所だけでも、そんなにいるとわかったら、出会いの場に行きたくなりませんか?

また、「50歳の時点で一度も結婚をしたことのない人」の割合を示す「生涯未婚率」という数値をご存じでしょうか。1990年代は男女とも5%程度でしたが、21世紀に入って急激に上がり、2005年には男性15.96%、女性7.25%、2010年には男性19.4%、女性9.8%になりました。

つまり「男性の約5人に1人、女性の10人に1人は人生で一度も結婚をしない」ということです。

さらに、現在の経済不況や、非婚志向背の増加などの影響から、2020年には男性26.0% 女性17.4%、2030年には男性29.5%、女性22.6%になると推計されています。

このデータを見て、何か気づきませんでしたか?

それは、「今よりもっと結婚しにくくなるのか……」という後ろ向きなものではなく、男性のほうが人口は多いのに、生涯未婚率は常に約10%も高いという事実。

「こんなに独身男性のほうが多いんだ」「恋人候補はこんなにいる」と前向きなデータとしてとらえてください。

多くの未婚男性から、自分に合うパートナーをしっかり選んで、「恋愛を楽しむのもよし、結婚するのもよし」なのです。じっくり相手を選ぶもよし、早く結婚したいという人でもちょっとした努力で相手が見つかるという、早く結婚するには男性よりも断然有利な立場にいるのです。

3つ目のデータは、恋人の有無。

なんと独身男性の7~8割が「恋人はいない」と答えています。また、同年代の40代男性に絞ると、その割合はさらに増えるという結果を見ても、「いかに恋人のいない独身男性が多いか」ということがわかるでしょう。

つまり「同年代の独身男性は、ほとんど恋人がいない」と思って接してもいいのです。

次に、「恋人がいる」の男女数値を比べると、いずれも女性のほうが高いことがわかります。これは言い換えれば、「男性のほうが、恋人を探している人が多い」ということ。これらの男性から見たら、あなたは貴重な存在なのです。

さらに、2つのアンケートには、「男性の恋愛意欲は20代から40代まであまり変わらない(加齢とともに減らない)」という結果も書かれていました。「恋愛意欲はあるのに、恋人がいない」独身男性が多いのですから、出会いの場に行けば何かが生まれそうな気がしませんか?

ちなみに、先ほど計算した「日本全国には、約263万人の40代独身男性がいる」というデータに、このアンケート結果を当てはめてみると、263万人の79%である約208万人が、恋人のいない40代の独身男性数という計算になります。

ここまで人口、独身者の数、恋人の有無と3つのデータを挙げましたが、いずれもあなたにとって頼もしいものではないでしょうか。ここで取り上げなかったデータのなかにも、「恋人がいない独身男性の数は過去最高」という結果があるなど、とにかくチャンスは多いのです。

同年代はもちろん20代、30代の男性もすべてが恋愛対象。そのなかには、必ずあなたと相性のいい男性がいるはずです。

「恋人なし」の男性は増えているのです。あなたは選べる有利な立場にいるのです。